2018年1月20日土曜日

Fess 11.4.7がリリースされたので勝手に解説

Fess11系の新バージョンがリリースされました。
今回はバグフィックス中心のようです。

変更点を勝手に解説します。
※勝手に解説なので、あやふやなところがあります。

#1440
canonicalタグの処理の微調整。

#1437
webクローラーにDefaultLangageを設定可能に。
古いWebサイトだと、lang宣言していないところがあるので助かります。
fess_config.propertiesに、「crawler.document.html.default.lang=」が追加されました。

#1435
ScoreUpdaterが機能追加されました。
Google Analyticsの結果をスコアに反映するようです。

#1432
エラー表示のバグフィックスのようです。

#1431
デフォルト値の変更。

#1430
検索結果のスニペット(抜粋部)のデフォルト値の変更。
スニペットが短くなるようです。

#1425
APIの仕様変更のようですが、詳しいことはわかりませんでした(すいません

#1421
管理者がログを取得する機能のバグフィックスのようです。

#1412
fess-ss.jsからfunction文が取り除かれました。

FESS11.4.10 crawlerのfileTypeHelperの置き場が変わっていました

結論から言うと、ここです。 /usr/share/fess/app/WEB-INF/env/crawler/resources env/が増えました。 FESSは時々ディレクトリ構成が変わるため、僕はaptでインストールするとき--reinstallを付けています。