2017年12月18日月曜日

サムネールを一度断念します

FESSにはサイトのサムネールを表示する機能があります。

サムネールはローカルのファイルシステム上に保存されますが、これが予想以上で…。
まず、サムネールの総容量が100GBを超えてきます。
それから、膨大な数のディレクトリと画像ファイルが生成されます。

サムネールなので「そういうもの」なのですが、今はWebインデックスに注力することにします。

1TBのSSDが楽々アサインできるぐらい儲かったら、再挑戦します。

FESSとkuromoji.txt

FESSのtakenizerは、ユーザーが辞書を拡張できるようになっています。 UIの「システム」→「辞書」から「ja/kuromoji.txt」を選ぶと、トークンの登録画面になります。 作業は簡単ですが、同じトークンを多重に登録すると、インデックスが更新できなくなる、けっ...